めばえの園こども園          
     
  こんなことに力を入れています。 
     
1.健康保育
  【ねらい】自分の体に関心をもち体を大切にする
<実施方法> 
 ◆毎月けんこうだより発行◆カウプ指数の割り出し◆低身長の子どものSD値チェック
 ◆救急薬品のチェック(毎月)◆視力検査◆健康状況一覧表の作成◆毎月病欠集計
 ◆事故発生状況の統計
 ◆感染症流行時、それに伴う緊急措置(ポスターによる呼びかけ、消毒の徹底など)
 ◆月ごとに“手洗い”“かぜ予防”などのテーマをもって、担当(看護師、保育教諭)による健康保育を行う。
<実施効果> 
 ★健康に関心をもち、命の大切さに思いがつながる。
 ★保護者にも色々な情報を知ってもらう。
 ★病気や怪我の減少。

2.食育
  【ねらい】おいしいものを楽しく食べながら、健康な体を作る
<実施方法> 
 ◆調理室のカウンターを低くし、調理室と保育室の一体感をもたせる。
 ◆日々の食材に触れたり、見ることができるようにする。
 ◆給食の食材の皮むきなどを手伝う。
 ◆月ごとにねらいをもって食育活動を行う。
 ◆季節の食材や行事食、バイキングを経験する。
 ◆保護者に毎月給食だよりを発信し、簡単な調理方法で子どもの好きなメニューのレシピを紹介する。

 ◆畑で作った野菜をクッキングしたり、給食で出してもらう。
<実施効果>
 ★調理員は“調理室の保育教諭”としての意識をもって、一人ひとりに関われる。
 ★食に興味をもち、おいしく食べられる。
 ★保護者にも食育に関心をもってもらえる。

 
 その他「エコ保育」「ベビーマッサージ教室」「地域の環境を取り入れた保育」などにも
 積極的に取り組んでいます。